エアコン掃除は面倒!業者ならパパっとやってくれます

エアコンの使う頻度が高くなる前にエアコン掃除を依頼しよう

エアコン掃除は面倒!業者ならパパっとやってくれます

エアコン

夏が来る前に依頼しよう

一般的に1年の中でエアコンの稼働率が最も高いのが、暑くなり始める6月から残暑が終わる9月頃とされています。エアコンは使用していない間も環境によっては埃やゴミが蓄積してしまったり、内部でカビが繁殖してしまうというケースも少なくありません。そのため、気温が高くなり始める6月頃に使用をした時に通風孔から不快に感じる匂いが発せられて、慌てて業者に清掃を依頼する人もいます。当然のことながらこういったケースは珍しくないので、エアコンの可動率が高いシーズンはクリーニング業者の稼ぎ時で簡単に依頼をしてもすぐに来てもらえないこともあるのです。こういったことにならないように、春先に一度使用して匂いが気になるようなら早めに依頼をするのがおすすめになります。

エアコン掃除の手順

エアコンを掃除する時は、まず最初に掃除機で本体の汚れを吸い込みます。これは、しばらく使用していないことで溜まった埃が部品の取り外しの時に一緒に落ちてこないようにするのが理由です。次に本体の前面にあるパネルを開けて中に付いているフィルターを取り外します。この内部のフィルターはプラスチック製の物が一般的で、無理に力を入れてしまうと簡単に折れてしまうので注意が必要です。そのため、外す時は優しく無理のない力加減で外すことが大切になります。無事にフィルターが取り外せたら掃除機を掛けて風呂場などで水で汚れを洗い流せば完了です。そのほかにも、風の吹き出し口も埃が溜まりやすいので、雑巾などで拭き掃除をしておくのも大事なポイントになります。

個人で掃除しても汚れが取れないことも

近年では需要の増加によって、自分でエアコンを掃除するための専用スプレーなども多く市販されています。簡単な清掃程度であればこれらの道具を使用すれば綺麗にすることは可能です。しかし、購入してから長年が経過していたり使用している環境によっては、素人の清掃では完全に綺麗にするのは難しいというケースも少なくありません。そのほかにも、エアコンは電気で動いているので清掃の時に誤って電気系統に水が掛かってしまって故障してしまうことも考えられます。もし自分で清掃をしても綺麗にならないと感じた時は専門家に依頼をすることも大切です。プロの技術で素早く綺麗にしてくれますよ。

効きが悪いのは汚れの可能性

エアコンを使用している人の中には、設定した温度に適した効果を発揮していないことで疑問に感じた経験をした人もいるかもしれません。こういった時は、内部に汚れが溜まっていることが原因として考えられます。内部のフィルターやフィン、風の吹き出し口などに汚れが溜まっているとエアコンの性能をフルに発揮することはできません。そのため、もし効きが悪いと感じたらエアコン掃除をすることで改善が期待できます。

広告募集中